108回:セミナー集客の難しさ

地元名古屋で「カンタンすぎる人事評価制度セミナー」です。

なんと今回で39回目です。

この一年半弱の間に39回開催してこられたことは参加していただける方があってこそです。

この17か月間で39回開催ですから、一か月平均2.3回開催してきたわけです。

自分のことながら、「まぁ、これだけ良く開催できたものだなぁ」と思うと同時に「よく、これだけ集客できたものだなぁ」と我ながら感心します。

これも、当社のスタッフのおかげです。
また、当社を支えていただいている方々のおかげです。

セミナーを一回でも開催したことがある方ならご理解いただけると思いますが、セミナー開催で一番大変なこと、困難なことは、「集客」です。
参加者の募集なのです。

ダイレクトに
・儲ける
・顧客を増やす
・売り上げを上げる
などのセミナーは比較的、集客が容易なのですが、人事制度・人事評価制度や労働関係、法令関係等の予防的対応がテーマのセミナーの集客は非常に大変なのです。

講師の中には、この辺のことを全く理解されていない方もいらっしゃいますが、セミナー主催を生業とされている企業さんにとっては、そのような講師の方には、「では、一度、ご自分で集客されてはいかがですか?」とお願いしたくなると思われます。

「カンタンすぎる人事評価制度」は、集客が難しいセミナーではありますが、なぜ、満席開催が多く、長期間続けられてきたのでしょうか。

もちろん、私たちの集客のノウハウはもちろんですが、「ヒト」に関する旬の話題もあるのかと思います。

また、一番大きな理由は、「カンタンすぎる人事評価制度」の商品力だと思います。(手前味噌ですが)

ただ、難点もあります。

「カンタンすぎる人事評価制度セミナー」の場合、集客ターゲットが社長若しくは経営層ですから、かなり限定されます。

ご参加いただける方がどなたでも良い訳ではなく社長・経営層にご参加いただけないとセミナーの内容が理解されにくいのです。

講師である私自身が小規模な組織であっても30年近く続いている組織の経営トップであり、「カンタンすぎる人事評価制度」自体が、社長が策定することがコンセプトですから、私は講師として完全に経営者目線で講義します。

このことからも「カンタンすぎる人事評価制度セミナー」では、如何に、社長、経営層にご参加いただくのか。
これはかなりハードルが高いことなのです。

しかし、実現しています。
実際、参加者の90%近くが社長・経営層です。

その要因の一つに、社長の考え方をくすぐるような集客手法をしているということです。

出版済みの書籍には、セミナー開催に関するノウハウ本が数多く出版されており、私も数多く目を通しましたが、肝心な、セミナー参加者をどのように募るのかという集客手法にほとんど触れられていないのです。

ただ、集客が大変だと言ことは説明されていますが。

その他の内容として、セミナーの開催方法、運営方法、内容等、これらは非常に学びがありますが、一定レベルの講師や主催者であれば既に理解している情報が殆どです。

これらのことからもセミナー集客の大変さ・困難さが理解できると思います。

今後、機会があれば当社がこの一年半弱実施してきたセミナー集客のノウハウを提供できればと思います。

当ブログの冒頭で触れましたが、本日は、地元名古屋で「カンタンすぎる人事評価制度セミナー」です。

今まで、いろいろな場所でこのセミナーを開催しました。

予定も含めば、北から札幌、仙台、新潟、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島、沖縄となんと11カ所です。

その中でも地元の名古屋開催は精神的にも物理的にも非常にラクですね。

地元の名古屋開催は、当社が所在するビルである建設業会館で行いますので、準備や運営が非常にラクなのです。

当社が建設業会館の7階で、会場が5階ですから、階段で即行ったり来たり出来ますし、万一、足りない資料も即コピー等出来ますからね。

また、当社にとっての大家さんである建設業協会さんが非常に親切で、良くしていただけるので感謝しております。

当社のこのビル(建設業会館)に入居して20年近く経ち私にとっては我が家みたいなものです。

その我が家みたいな場所での「カンタンすぎる人事評価制度セミナー」開催ですから非常にやりやすいのです。

いま、コロナウイルスが蔓延していますので、急なキャンセルを予測しておりますが、主催者としても消毒等徹底していければと思います。

本日も満席ですのでこの大変な状況でご参加いただいた方々にとって有意義な人事評価制度についての知識を提供できればと思います。

それと、天気が晴天で良かった!
これだけでも気持ちが明るくなりますね。

【参考情報】人事評価制度とは?