人事評価制度策定」「人事評価制度策定手法習得」「人手不足・人材不足解消」「生産性向上・残業時間削減」「給与制度・賃金制度策定」「人材育成」・・・これらを一気に実現可能です!

中小企業の社長のための「社長による人材育成サイト」

「カンタンすぎる人事評価制度」合同コンサルが受け放題!

まずは、52秒であなたの会社・あなたの人材を生まれ変わらせる「ボスキャン」の説明動画をご覧ください。

 

「ボスキャン:Boss can」の制度について、更に詳しくお知りになりたい方は、開発者がわかりやすく説明している「ボスキャン講座」がありますので、ぜひご覧ください。約46分であなたの会社にとってどのような利益があるのかをご理解いただけます。「ボスキャン講座」はこちらをクリックしてください。

「ボスキャン」とは、組織のボスである社長自らが先頭に立ち組織・人材を管理し会社を発展させることです。

「カンタンすぎる人事評価制度」については、こちらの動画をご覧ください(54秒)

中小企業は、社長次第でどのような成果も出せますし、望ましくない組織にもなってしまいます。このサイトは、中小企業の忙しい社長が如何にカンタンに効率的に人材育成を実現し、組織の利益を向上させることができるのかを実現するためのサイトです。

そのための実務的なキャンプ(勉強会・コンサル)をいくつも用意しています。

すべてのキャンプは、ライブで行っており、録画ではありませんので、ライブの臨場感と共に講師と参加者(ほとんどが社長)の白熱したやり取りを体験してください。

会社が発展するため、利益を出すため・・・要するに儲けるためには、人材の活用・活躍は必要不可欠です。

中小企業において人材の活用こそが、会社を発展させ・利益をアップする近道なのです!

では、あなたの会社の人材は活躍していますか?

「ウチの会社の人材は活躍している!」と胸を張って答えられる社長は非常に少数ではないでしょうか?

人材が活躍していない・・・

このことは、人材が悪いのではなく、

  • 活躍の場を与えていない会社が悪い
  • 活躍できるような能力を身に付けさせていない会社が悪い
  • 活躍するための方法を教えていない会社が悪い

と思えませんか? このような話をするとほぼ半数の社長さんは、「会社がどうこうではなく、人材が自ら努力すればよいのだ」と仰いますが、失礼ながら、そのような人材は中小企業に入社してくることは珍しいですし、入社してきても、そのような優秀な人材を使いこなせない組織であれば転職若しくは起業してしまうでしょう。

もうそろそろ認めませんか?

会社は社長次第で悪くもなれば、良くもなるということを!

そう! 社長! あなた次第で会社は発展できますし、儲けることは可能なのです。

このサイトでは、そのための学びの場を紹介しています。

会社が人材を活用する場合、大まかに「1 募集」→「2 選考・面接」→「3 採用」→「4 育成・定着」→「5 能力発揮」→「6 評価」→「7 会社の利益向上」というプロセスを辿ります。以上が「カンタンすぎるボスキャン」です。では、各内容を説明しましょう。

会社は、各プロセスに悩みが山積しています。

「1 募集」の悩み:人材を募集しても応募がない、人材募集のための自社サイトをどのようなことを掲載すればよいのかわからない・求職者の心に響くことが掲載できない、無料の求人媒体である「求人票」を活用して人材採用する手法がわからない、求人広告会社の言いなりになり毎月数十万円~数百万円が固定費化しているが採用が出来ない、今までなかった求人採用の手法が思いつかないなどなど。

「2 選考・面接」の悩み:応募してきた人材からどのような人材を選べばよいのでしょうか?「いや、ウチの会社は応募が殆どないから応募してきた人材を如何に当社を気に入ってもらって入社してもらうだけです」と、何とも後ろ向きな社長さんの話も耳にしますが、果たしてこれで良いのでしょうか?適切な募集方法を行えば求職者からの応募はありますし、増えるのです。ですから、その中から優良人材や自社に適した人材を選ばなくてはなりません。トンデモナイ「ブラック人材」を雇用してしまえば、会社の存続自体が危ぶまれることになります。では、どのようにして優良人材を選別するのか、「ブラック人材」を見抜けばよいのでしょうか。

「3 採用・配置」の悩み:めでたく人材を採用したあかつきには、どの部署に配置すべきか?どの上司の下に配置するのかを決定することになります。ただ、中小企業において新卒採用をしている企業はそう多くはありません(実は、中小企業こそ新卒採用をして欲しいのですが)。ほとんどが、募集開始時にどの部署に配属するのか、どの上司の下で働くのかが明確になっている中途採用です。であれば、配置で悩むことは少ないのかもしれません。ただ、「同じ部署から退職者が頻発している」「或る上司の下で働いている人材の離職率が高い」ということであれば、その部署や上司に問題があるのかもしれません。すべてのことに原因があるのです。その場合、その原因を探る必要があるでしょう。

「4 育成・定着」の悩み:実はこの悩みこそが人事管理の本丸と言えるでしょう。なぜ、「本丸」なのかといいますと、「人手不足」「人材不足」「管理職不足」「利益がでない」「売り上げが上がらない」「新商品・新サービスが提供できない」「離職者が後を絶たない」などの大きな原因だからです。自社に入社してきた人材を育成することが出来れば、定着率が格段に向上します。そして、育成され・定着した人材が次のプロセスの「5 能力発揮」できれば、前述の会社の問題の殆どは解決できるのです。中小企業において優秀な人材を採用することはなかなか難しいと思いますが、それはそれで問題ありません。入社時に優秀でなかったとしても、自社にとって必要な人材に育成すればよいのですから。

「5 能力発揮」:いくら雇用する人材の能力が向上したとしても、それが発揮されなくては会社は良くなりませんし、儲かりません。では、どのように人材に能力を発揮してもらうのか?それは、人事評価制度を活用すればよいのです。人事評価制度で人材が能力発揮する仕掛けをつくれば良いのです。ただ、すべての人事評価制度がこの “仕掛け” とはなり得ません。「カンタンすぎる人事評価制度」は、人材に能力を発揮してもらうための最良のツールとなるでしょう。

「6 評価」:評価には2種類あります。「①人材が育成されたのかを評価する」「②人材が能力を発揮したのかを評価する」この2種類の評価を「カンタンすぎる人事評価制度」で行います。「カンタンすぎる人事評価制度」は、小学生でも評価可能なシンプルな評価制度ですから、評価に迷うことはないでしょう。そうです!人材の評価の悩みから解放されるのです。

「7 会社の利益の向上」:以上の「1 募集」→「2 選考・面接」→「3 採用」→「4 育成・定着」→「5 能力発揮」→「6 評価」プロセスの結果、自社の利益が向上するのです。また、会社の利益向上だけではなく、課題も解決することが出来ます。

では、以上のプロセスであなたの会社の利益を向上・課題を解決・目的を達成するためにどのようなことを学んで、創って、使って、成果を出せばよいのでしょうか?実はこれらのすべてについて体系的に学べるキャンプがあります。

まずは、人材育成のための・会社の目的達成のための(利益向上)「カンタンすぎる人事評価制度」の策定手法を学んでいただき、同制度開発者が直接指導する合同コンサルティングで一日で策定していただきます。

そして、導入した「カンタンすぎる人事評価制度」を徹底的に使い倒して、成果(人材の能力を向上させ、成果を出し、会社の利益を向上させる)を出す手法を実践していただきます。

オッとその前段階として、育成対象、評価対象の人材が居なければ意味がありませんね。

このキャンプでは、いかに自社に応募する人材(求職者)を増やし、管理職、社長の右腕・片腕を育成するための「中小企業の社長・経営層のための人手不足・人材不足解消キャンプ」も受講できます。実は、このキャンプ。人手不足が顕著な建設業界をターゲットに某新聞社が主宰し当サイトの主宰者が講師として登壇し、絶賛を浴びた勉強会をさらにブラッシュアップした内容なのです。

以下が、会社が人材を活用する大まかなぷろせすである「1 募集」→「2 選考・面接」→「3 採用」→「4 育成・定着」→「5 能力発揮」→「6 評価」→「7 会社の利益向上」にたいする「カンタンすぎる人事評価制度」をコア(芯・軸)とした「カンタンすぎるボスキャンキャンプ」の内容です。

この一連のキャンプに参加することで中小企業の社長・経営層であるあなたは、次のことが実現可能なのです。

  1. あなたの会社の人材を育成
  2. あなたの右腕・片腕、番頭さんを育成
  3. 従業員が自ら考え行動する組織の実現
  4. 社長であるあなたが毎日出社しなくてもリモートからの指示により組織が廻るようになる
  5. 社長が一か月間不在でも組織が廻るようになる
  6. そしてナニより儲かる!

これらのことを人材育成のツールである「カンタンすぎる人事評価制度」をベースとした「カンタンすぎるボスキャン」により実現可能なのです。

「サブスク:ボスキャンプ」の受講し放題・コンサル受け放題の常時のラインナップは以下の通りです(参加者等からの要望により適宜入れ替えていきます)。

① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング:メインキャンプ  詳しくはクリック
これは、6社合同で「カンタンすぎる人事評価制表」を1種類作成するための合同コンサルティングです。通常、「カンタンすぎる人事評価制度」を導入する場合、コンサルタントからマンツーマンの指導を受け、「カンタンすぎる人事評価表」を策定することになりますが、この合同コンサルは、6社の社長さんに集まっていただき、合同で「カンタンすぎる人事評表」を策定します。ご参加いただくのは、社長さんともう一人の方です。このもう一人の方は、専務等の他の役員、人事担当者、次期後継者、社長の右腕・片腕の方などです。1社あたり、社長さんを含め2名参加していただき、1種類の「カンタンすぎる人事評価表」を完成していただきます。同時に「カンタンすぎる人事評価表」の策定方法も習得してください。開講時間は9時30分~19時です。講師を務めるのは、「人事評価制度が50分で理解でき、1日で完成する本」(同友館)、「従業員のための人事評価、社長のための人材育成:パート3名のパン屋が人事評価制度を導入してみた」(同友館)の著者です。「カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング」の詳細はこちらです。
② カンタンすぎる人事評価制度 策定手法1日習得キャンプ:サブメインキャンプ  詳しくはクリック
このキャンプ(勉強会)は、「カンタンすぎる人事評価制度」の「カンタンすぎる人事評価表」の策定手法を社長・経営層が1日で学んで・習得して頂くためのキャンプ(勉強会)です。当キャンプは、Zoomで行いますので日本全国、いや、世界各地から参加できます。ちなみに録画を視ていく形式ではなく、リアルタイムのライブキャンプです。この「カンタンすぎる人事評価表」の策定手法を身に付けることで「カンタンすぎる人事評価制度」を策定・運用することが出来ます。「人事評価表」は、一度策定して終わりではありません。「人事評価表」は、毎年改定することが望ましく、どんなに長くても同一の「人事評価表」を使用するのは3年が限度でしょう。仮に5年間、同一の「人事評価表」を使用しているということは、人材の力量が5年間全く変わっていない・伸びていないことになります。「人事評価表」を改定する場合に、いちいち人事評価制度コンサルタントに依頼していては費用もバカになりませんので、ぜひ、社長自らが策定・改定できるようにしておいてください。当キャンプは10時~16時です。講師を務めるのは、「人事評価制度が50分で理解でき、1日で完成する本」(同友館)、「従業員のための人事評価、社長のための人材育成:パート3名のパン屋が人事評価制度を導入してみた」(同友館)の著者です。この「カンタンすぎる人事評価制度 策定手法1日習得キャンプ」の詳細はこちらです。
③ 人手不足・人材不足解消キャンプ  詳しくはクリック
このキャンプ(勉強会)は、「あなたの会社の求人募集に対する応募者を増やす○○の方法とは?」「無料で活用できる媒体であるハローワークの求人票の徹底活用とは?」「格安で実行できる人材募集方法とは?」「応募してきた人材からどのように優良人材を選ぶための即効性のある魔法の質問5選とは?」「採用した人材の技量・知識・能力・力量を伸ばすためのとっておき手法」「離職率を圧倒的に引き下げる○○の手法」「中小企業が大企業を凌駕するためのワントゥワン人事管理とは?」などを事実に基づく経験から解説していく3時間のキャンプ(勉強会)です。講師を務めるのは、「人手不足脱却のための組織改革」(経営書院)の著者です。この「人手不足・人材解消キャンプ」の詳細はこちらです。
④ 労働時間削減・生産性向上キャンプ  詳しくはクリック
当キャンプ(勉強会)では、小手先ではない本質的な労働時間の削減と生産性向上手法について習得していただきます。あなたの会社においても労働時間の削減、ムダな残業時間の削減に取り組まれていると思われます。また、労働時間を削減するための生産性向上の従業性についてもご認識頂いていると思います。通常、残業時間の削減を相談する相手は誰でしょうか?真っ先に思い浮かぶのは社会保険労務士ですね。社会保険労務士に残業時間の削減を相談すると回答される内容として次の二つではないですか?一つ目は「変形労働時間」。二つ目は「定額残業代」。一つ目の「変形労働時間」を採用したところで、実は労働時間は1秒も削減できません。時間外労働手当(残業代)を少なくできるだけです。また、二つ目の「定額残業代」も同じで、残業時間が1秒も削減できません。これも残業代を削減するための小手先の手法であり、運用次第では否認される可能性もあり、いつ、使えなくなるのか?という不安が付きまといます。当キャンプ(勉強会)では、「社長のための残業ゼロ企業のつくり方」(税務経理協会)、「プロセスリストラを活用した真の残業削減、生産性向上、人材育成の手法」(日本法令)の著者が直接レクチャーします。なお、当キャンプ(勉強会)の内容は、日本科学技術連盟(デミング賞を主催している組織)でマネジメントシステムの認証を受けている優良企業の管理職向けに開催されていた勉強会にさらに磨きをかけブラッシュアップした内容となっています。受講時間は3時間です。この「労働時間削減・生産性向上キャンプ」の詳細はこちらです。
⑤ 高評価獲得・人材育成キャンプ  詳しくはクリック
人事評価制度は、策定してオシマイではありません。人事評価制度は、運用したうえで、いかに人材に高評価を獲得してもらうのかが会社が発展し儲けることができるのかの鍵となります。人材が高評価を獲得するということは、人材の技量・知識・能力・力量が向上し、成果を出すことに他なりません。それが出来れば、会社は発展し、改善し、利益が向上・・・要するにたくさん儲けることができるのです。「カンタンすぎる人事評価制度」は、私が膨大に確認してきた人事評価制度のなかでも一番シンプルで運用しやすく、小学生でも評価できる評価制度です。このような人事評価制度であっても、人事評価制度導入時に、「ハイ! これが評価項目と評価基準ですから、皆さんよく理解できましたね。これは回答の解っているテストを受けるようなものですから一年後に全員が高評価を獲得できますね。では、一年後、楽しみしていますね!」と一年間放置しておいて、高評価を獲得できる人材は10%なのです。ヒトは本来、怠け者であり、面倒くさいのです。そして、日々の忙しさに忙殺されてしまうのです(仮に忙しくなくてヒマであっても忘れてしまう)。では、どうすればいいのか?安心してください。三か月に一度、ほんの少し部下のために時間を割いてあげればほとんどの人材が高評価を獲得することが可能なのです。その手法を3時間で惜しみなくお伝えします。この「高評価獲得・人材育成キャンプ」の詳細はこちらです。
⑥ 評価結果と給与制度の連動キャンプ  詳しくはクリック
人事評価制度の評価結果を従業員の処遇にどのように展開するのか?昇格・降格、昇進、昇級・降級、異動・移動、賞与の支給額など考えられますが、多くの企業で実施しているのが昇給(降給)という賃金改定に反映させることだと思います。その賃金制度(給与制度)。あなたの会社の賃金(給与)の決定方法は適切でしょうか?賃金(給与)の決定方法や計算方法を決定する場合や改定する場合は「就業規則」や「給与規程(賃金規程)」を改定(作成)することになり、その分野は社会保険労務士の独占業務となりますので、社会保険労務士に相談することに利ますが、御社の賃金(給与)の決定方法に親身になって相談に乗ってくれる社会保険労務士は少数ではないでしょうか。また、相談に乗ってくれたとしても、賃金制度(給与制度)という仕組みの策定とは程遠い内容に終始してしまうことがあります。やはり、自社の賃金制度(給与制度)は、中小企業であれば社長自らが理解しておかなくてはなりません。それは経営判断ですから。当キャンプでは、3時間で賃金制度(給与制度)の策定手法や、「カンタンすぎる人事評価制度」の評価結果をどのように賃金(給与)に展開するのかを社会保険労務士でもある講師がわかりやすく解説します。この「評価結果と給与制度の連動キャンプ」の詳細はこちらです。
キャンプ(勉強会名) すべて社長向けのキャンプです:ボスキャン 時間
(含む休憩)
一般
受講料
(税込)
メイン ① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング
「カンタンすぎる人事評価表」の完成   【通学講座(東京、名古屋)】 コチラ
9時間30分 220,000円
サブメイン ② カンタンすぎる人事評価制度 策定手法1日習得キャンプ 
【Zoomによるリアル・ライブ講座】 コチラ
6時間 110,000円
③ 人手不足・人材不足解消キャンプ
【Zoomによるリアル・ライブ講座】 コチラ
3時間 33,000円
④ 労働時間削減・生産性向上キャンプ
【Zoomによるリアル・ライブ講座】 コチラ
3時間 33,000円
⑤ 高評価獲得・人材育成キャンプ
【Zoomによるリアル・ライブ講座】 コチラ
3時間 33,000円
⑥ 評価結果と給与制度の連動キャンプ
【Zoomによるリアル・ライブ講座】 コチラ
3時間 33,000円

以上のキャンプであなたの会社の利益を向上・課題を解決・目的を達成することが可能なのです。要は社長ご自身が学んで、創って、使って、成果を出せばよいのです。このキャンプはこれらのすべてについて体系的に学べるのです。ただ、全部受講するとなると462,000円必要です(こちらの特別キャンプを入れると66万円)。一般的な人事評価制度の導入は、数百万円から1千万円超ですからお値打ちであるのが事実ですが衝動買いにはチョット・・・ですね。

しかも、セミナー(勉強会・キャンプ)というのは、一度受講しただけでは身につくものではありません。出来れば繰り返し受講したいのが、学ぶことを惜しまない社長の本音でしょう。実は、人間というものは講義を受けただけでは、記憶に残るのは5%ともいわれています。

私たちも、参加される社長さん方に習得して頂くための努力を惜しみません。その一環として、ワークを入れたり、動画を取り入れたりしていますが、やはり限界があるのです。これは、対面でマンツーマンで指導したとしても同じです。では、その解決策は?正直、何回も繰り返し受講していただくことが、結局近道なのです。あなたにも経験があるでしょう。ナニかを覚えるためには何回も読むことが。それと同じですね。

そこで、社長・経営層限定の学び放題・キャンプ参加し放題プランをご用意しました。

しかも、この「学び放題・キャンプ参加し放題プラン」=「カンタンすぎるサブスクキャンプ」の参加料金は、2万円(税抜:月額)です。初月2万円で「カンタンすぎる人事評価制度」が導入できます。

しかも、カンタンすぎる人事評価制度の策定方法も予め習得することができ、カンタンすぎる人事評価制度の開発者がコンサルを務めるコンサル料金20万円の合同コンサルティングにも初月2万円(税抜)で参加できるのです。

さらに人事評価制度は、導入してからが本番です!いかに人材に高評価を獲得していただくのかの方法も学び放題です。

さらにさらに人手不足・人材不足解消の奥義も学び放題です。

まさに人事評価制度を「学んで、創って、使って、成果を出す」ためのキャンプなのです。いや、人材を採用して、学んで、創って、使って、成果を出す」ですね。

月額参加料(2万円:税抜)は、カード決済となりますが、口座引き落としの場合は、月額2,000円割引の18,000円(税抜)となります。

実は、受講し放題・コンサル受け放題の「サブスク:ボスキャンプ」のキャンプはこれだけではありません。他にも2カ月に一度、ニーズの高いテーマを決めた実践的な特別キャンプを実施します。その一例を以下に記載します。

【ボスキャン:特別キャンプ ラインナップ:(2カ月に一度テーマを変えて臨時開催)】

⑦ 中小企業の社長・経営層のための求人票・自社求人サイト作成コピーライティング100本ノック
人材採用・人手不足解消の入り口は何と言っても、ハローワークに出す「求人票」や「自社サイト(ホームページ)」でしょう。これらの「求人票」「自社サイト」にいかに求職者に刺さるフレーズ・文言を掲載できるのかで、応募者数は10倍以上違うといわれています。この “求職者に刺さるフレーズ・文言” を100本ノックで雨・あられを浴びていただきます。受講時間3時間:受講料44,000円。詳細はコチラ

⑧ 中小企業の社長・経営層のための売上向上につながるマーケティング100本ノック
社長の悩みのツートップは何と言っても「ヒトの悩み」「おカネの悩み」ですね。「ヒトの悩み」については、このキャンプで学んで、創って、使っていただければ成果が出せると思います。では、「おカネの悩み」はどうでしょうか。「おカネの悩み」とは、売上を上げる・利益を上げるですね。売上を上げるには、「お客を増やす」「販売頻度を増やす」「単価を上げる」の掛け算です。これらを一言でまとめるとマーケティングです。このマーケティングをどのようにしていけばいいのか?そこでこのキャンプ。中小企業の社長が売上を上げる・利益を上げるためのマーケティング100本ノックで雨・あられを浴びていただき、その日からすぐに実行して成果を出してください。受講時間3時間:受講料44,000円。実は、このキャンプ。某行政機関で起業者向けの講座として実施され大盛況をいただいた内容をさらにパワーアップしたのです。

⑨ 中小企業の社長・経営層のための評価項目・評価基準100本ノック
「カンタンすぎる人事評価制度」では、1日目で「人事評価表」が2、3種類完成します。更にその後は、1一で4,5枚の「人事評価表」が完成できるのです。ただ、評価項目と評価基準の策定に詰まってしまうこともしばしばあります。そのようなときにとても参考になるのは、他社事例、他の業種・業界事例です。但し、最初の1,2枚目の「人事評価表」策定時に他社、他業種・業界の評価項目や評価基準に触れてしまうと、その事例に引っ張られてしまうので決してお勧めできません。しかし、3枚目以降の「人事評価表」の策定や、「カンタンすぎる人事評価制度」の運用後の「人事評価表」を改定する場合は、他社事例、他の業種・業界事例の評価項目と評価基準は非常に参考になるでしょう。当キャンプ(勉強会)の参加時間は3時間です:受講料44,000円。

⑩ 人材向け:従業員が人事評価制度で高評価を獲得するためのキャンプ
当キャンプ(勉強会)は、この「人材向け:従業員が人事評価制度で高評価を獲得するキャンプ」以外はすべて社長・経営層向けのキャンプ(勉強会)ですが、このキャンプ(勉強会)だけは、人材・従業員向けなのです。そもそも「カンタンすぎる人事評価制度」は、評価項目も評価基準も明確にしたうえで、従業員・人材に常時公表しますから、言わば、「回答の解っているテストを受けてもらうこと」と同じなのです。しかしながら、会社側が従業員・人材を放置しておいて、高評価を獲得してくる従業員・人材は、10%程であることは「⑤高評価獲得・人材育成キャンプ」で説明した通りです。「⑤高評価獲得・人材育成キャンプ」は、会社側(社長・経営層・雇用側)から、従業員・人材に高評価を獲得させ育成する方法をキャンプ(勉強会)で学んでいただきますが、この「人材向け:従業員が人事評価制度で高評価を獲得するキャンプ」では、従業員・人材に参加していただき、自らが人事評価制度で高評価を獲得し、技量・知識・能力・力量を伸ばし、自身の人材としての価値を向上する手法を習得していただきます。受講時間3時間:受講料22,000円。

⑪ 職能資格等級策定キャンプ
人材育成を成し遂げる場合、最初の一歩というか非常に重要なことは、「要求力量のハードル」を設定することです。これは、当社が開発した「カンタンすぎる人事評価制度」に触れられたことがある方なら耳にタコができるくらい聴いておられると思います。そもそも「要求力量のハードル」とは、会社・社長・雇用側が人材に超えて欲しい技量・知識・能力・力量のハードルのことです。この「要求力量のハードル」を設定しなければ、人材育成は非常に困難になります。なぜなら、人材自身がどこまでの力量を身に付ければよいのか理解できないからです。「カンタンすぎる人事評価制度」の「人事評価表」では、明確な「要求力量のハードル」を設定しますが、同時に「職能資格等級定義表」で人材に超えて欲しい技量・知識・能力・力量を明確にすることも必要な場合があります。ただ、この「職能資格等級定義表」の作成について、「どのように作成して良いかわからない」「そもそも『職能資格等級定義表』って何ですか?」などのご意見をいただくことが多いのです。そこで、いかにカンタンに「職能資格等級定義表」を策定するのかを社長・経営層にご理解いただき、その知識を基に早速、自社の「職能資格等級定義表」を策定するキャンプを実施します。受講時間3時間:受講料44,000円。

以上が、定例キャンプ以外に2カ月に一度開催予定の特別キャンプの候補です。

また、この特別キャンプは皆様のご要望により提供する内容を追加していきます。何しろ、10冊の商業出版書籍がありますから、1冊あたり2,3回のキャンプは策定可能なのですから(当社コンサルの商業出版書籍はコチラ)。

ボスキャン概要

ボスキャンとは? 「①カンタンすぎる人事評価制度合同コンサル(一般受講料22万)」:名古屋、東京 等にて 毎月開催
「②カンタンすぎる人事評価制度策定手法1日習得講座(一般受講料11万)」:Zoomライブで隔月開催
「③人手不足・人材不足解消キャンプ(一般受講料33,000円)」:Zoomライブで隔月開催
「④労働時間削減・生産性向上キャンプ(一般受講料33,000円)」Zoomライブで隔月開催
「⑤高評価獲得・人材育成キャンプ(一般受講料33,000円)」:Zoomライブで隔月開催
「⑥評価結果と給与制度連動キャンプ(一般受講料33,000円)」:Zoomライブで隔月開催
その他、特別キャンプ(Zoomライブで):隔月開催などの合同コンサル・社長のためのキャンプ(勉強会)が月額会費2万円で受講し放題
ご入会条件 月額20,000円(税抜)をお支払いいただくことで入会できます。
最低ご加入期間は12か月です。
なお、入会については、会員規約をご確認ください。
メイン講師 山本昌幸 詳しいプロフィールはコチラ
特定社会保険労務士、ISO9001・14001・22000・39001・45001主任審査員、行政書士、運行管理者

【ボスキャン:キャンプ日程】

「カンタンすぎる ボスキャン会員」の方は次のキャンプが受講し放題です。

開催日時 キャンプ名
2021年10月27日(水)10:00~16:00
Zoom
サブメインキャンプ:② カンタンすぎる人事評価制度 策定手法1日習得キャンプ 詳細はコチラ
2021年10月26日(火)10:00~13:00
Zoom
③ 人手不足・人材不足解消キャンプ 詳細はコチラ
2021年10月26日(火)14:30~17:30
Zoom
④ 労働時間削減・生産性向上キャンプ 詳細はコチラ
2021年10月29日(金)9:30~19:00
名古屋(通学)
メインキャンプ:① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング 詳細はコチラ
2021年11月4日(金)14:30~17:30
Zoom
⑤ 高評価獲得・人材育成キャンプ 詳細はコチラ
2021年11月24日(水)9:30~19:00
東京(通学)
メインキャンプ:① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング 詳細はコチラ
2021年11月25日(木)10:00~13:00
Zoom
⑥ 評価結果と給与制度の連動キャンプ 詳細はコチラ
2021年11月25日(木)14:30~17:30
Zoom
特別キャンプ:⑦ 中小企業の社長・経営層のための求人票・自社求人サイト作成コピーライティング100本ノック
2021年12月14日(火)10:00~16:00
Zoom
サブメインキャンプ:② カンタンすぎる人事評価制度 策定手法1日習得キャンプ 詳細はコチラ
2021年12月20日(月)9:30~19:00
名古屋(通学)
メインキャンプ:① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング 詳細はコチラ
2021年12月23日(木)10:00~13:00
Zoom
③ 人手不足・人材不足解消キャンプ 詳細はコチラ
2021年12月23日(木)14:30~17:30
Zoom
④ 労働時間削減・生産性向上キャンプ 詳細はコチラ
2022年1月8日(土)10:00~13:00
Zoom
特別キャンプ:⑧ 中小企業の社長・経営層のための売上向上につながるマーケティング100本ノック
2022年1月25日(火)9:30~19:00
名古屋(通学)
メインキャンプ:① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング 詳細はコチラ
2022年1月27日(木)10:00~13:00
Zoom
⑤ 高評価獲得・人材育成キャンプ 詳細はコチラ
2022年1月27日(木)14:30~17:30
Zoom
⑥ 評価結果と給与制度の連動キャンプ 詳細はコチラ
2022年2月15日(火)10:00~16:00
Zoom
サブメインキャンプ:② カンタンすぎる人事評価制度 策定手法1日習得キャンプ 詳細はコチラ
2022年2月21日(月)9:30~19:00
東京(通学)
メインキャンプ:① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング 詳細はコチラ
2022年2月24日(木)10:00~13:00
Zoom
③ 人手不足・人材不足解消キャンプ 詳細はコチラ
2022年2月24日(木)14:30~17:30
Zoom
④ 労働時間削減・生産性向上キャンプ 詳細はコチラ
2022年3月22日(火)10:00~13:00
Zoom
⑤ 高評価獲得・人材育成キャンプ 詳細はコチラ
2022年3月22日(火)14:30~17:30
Zoom
⑥ 評価結果と給与制度の連動キャンプ 詳細はコチラ
2022年3月23日(水)9:30~19:00
名古屋(通学)
メインキャンプ:① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング 詳細はコチラ
2022年3月29日(火)9:30~19:00
東京(通学)
メインキャンプ:① カンタンすぎる人事評価制度 1日合同コンサルティング 詳細はコチラ
2022年3月30日(水)10:00~13:00
Zoom
特別キャンプ:⑦中小企業の社長・経営層のための評価項目・評価基準100本ノック 詳細はコチラ
テーブル 2022年4月以降のスケジュールは近日決定
テーブル テーブル

ボスキャン(勉強会)へのご入会は、会員規約をご確認ください。会員規約はコチラ

「ボスキャン:Boss can」の制度について、更に詳しくお知りになりたい方は、開発者がわかりやすく説明している「ボスキャン講座」がありますので、ぜひご覧ください。約46分であなたの会社にとってどのような利益があるのかをご理解いただけます。「ボスキャン講座」はこちらのクリックしてください。

リンク:社長・ボスキャンのための助成金情報